専大北上野球部解散について…・野球・サッカー・バレーボール・テニス・バスケットボール・ゴルフ・競馬・スキー・格闘技などの国内・海外のスポーツ情報を独自の見解も交えてお届け致します!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専大北上野球部解散について…


申請あれば再加盟協議へ…

日本高校野球連盟は16日に大阪市内で開いた記者会見で、専大北上高の野球部の体制が刷新されるのを待ち、申請があれば再加盟を認めるかどうかを協議する方針を明らかにした。
日本高校野球連盟によると、加盟校が解散するのは、特待制度と飲酒問題が発覚した81年の大分・日田林工高以来26年ぶり。同校は83年に再加盟を認められている。

今回の専大北上高校の野球部解散については賛否両論あると思いますが…個人的見解では,特待生制度が高校野球では違反行為になるということは厳しすぎるのではと思います…他のスポーツでは認められているのに何故,高校野球ではダメなのか?色々な背景や条件を考慮して学生野球憲章を定めたとは思いますが…第三者からすればすっきりしないところですね…



日本高校野球連盟の田名部和裕参事は「チームに出直す機会を与えたい。処分は協議するが、除名というのは教育的措置としては考えられない」としたうえで「夏の大会に出場するためには6月初めがリミット」と語り、今後の状況次第では夏の岩手大会出場が有り得ることを示唆した。
▽日本高校野球連盟・脇村春夫会長の話
プロ野球との度重なる不祥事や特待生に対する学費免除などの実態から考えて、解散した上で出直すのはやむを得ない措置だろう。清新な野球部として再出発できることを願っている。

現時点では,日本高校野球連盟と高校側とで学生野球憲章について了承の上での違反ですから,処分は免れないと思いますが…一番の被害者は野球部員である生徒たちです…甲子園の夢は高校球児にとっては人生の中でも重要なこと…この夢が閉ざされるのは不憫でなりません…今回の日本高校野球連盟の会見で,未だ可能性は残されているとは言え専大北上高校にとっては厳しい状況であります。
このままでは,高校野球だけではなく,野球界全体がおかしくなってしまうと思うので,日本高校野球連盟に望みたいことは,今回の問題を機に,才能や未来のある球児たちを潰さないためにも,学生野球憲章の見直しを行ってもらいたいですし,プロを含めた野球に携わっている関係者全員で,今一度ベストな日本の野球界の運営について考えて欲しいものです!



(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070416-00000108-mai-spo&kz=spo
スポンサーサイト
Copyright © スポーツ情報特急便! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。