ヴィクトリーが逃げ切り大波乱・野球・サッカー・バレーボール・テニス・バスケットボール・ゴルフ・競馬・スキー・格闘技などの国内・海外のスポーツ情報を独自の見解も交えてお届け致します!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィクトリーが逃げ切り大波乱


人気のアドマイヤオーラとフサイチホウオーは3着と4着…

中山競馬場で行われた皐月賞(3歳牡牝、GI・芝2000m)は、田中勝春騎手騎乗の7番人気ヴィクトリー(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)がハナを奪うと、15番人気サンツェッペリンの追撃をハナ差抑え優勝した。勝ちタイムは1分59秒9(良)。さらにハナ差の3着に2番人気フサイチホウオーが入り、1番人気アドマイヤオーラはさらに1.1/2馬身差の4着。3連単は1,623,250円の大波乱となった。

春競馬のG1シリーズ第2戦の3歳牡馬クラシック第1弾・皐月賞…戦前の予想でも今回の皐月賞は飛び抜けた実力馬がおらず,どの馬が来てもおかしくないという混戦が予想されておりましたが…案の定,前2頭が残る大波乱という結果になりましたね…



勝ったヴィクトリーは、父ブライアンズタイム、母は98年府中牝馬S(GIII)2着のグレースアドマイヤ(その父トニービン)という血統。半兄に06年日経賞(GII)など重賞3勝のリンカーン(父サンデーサイレンス)、伯父に96年日本ダービー(GI)馬フサイチコンコルドがいる。昨年11月のデビュー戦(京都・芝2000m)を5馬身差で圧勝すると、続くラジオNIKKEI杯2歳S(GIII)ではフサイチホウオーからクビ差の2着。約3か月ぶりの前走、若葉S(OP)を勝ってここに臨んでいた。通算成績4戦3勝(重賞1勝)。

勝ったヴィクトリーは勿論見事でしたが…人気馬の結果では,まず,1番人気のアドマイヤオーラは出遅れてしまった感じでした…武豊騎手は,今日は他のレースでも勝てるレースを落としていたようなので,調子が悪かったのでしょうか!?また,2番人気のフサイチホウオーは3着で敗れたとは言え,安藤勝己騎手の騎乗は見事でしたね!不利な最内枠であったもののスタートから直ぐに外へ持って行きアドマイヤオーラを見ながらレースを進めて,4コーナーで完全に併せ馬に持っていって良い競馬をしていたので,実力をあらためて感じましたし,チョット気が早いですが,現時点ではダービー馬最有力◎ではないでしょうか!?


(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070415-00000007-kiba-horse&kz=horse
スポンサーサイト
Copyright © スポーツ情報特急便! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。