辰吉丈一郎の最後の賭け…・野球・サッカー・バレーボール・テニス・バスケットボール・ゴルフ・競馬・スキー・格闘技などの国内・海外のスポーツ情報を独自の見解も交えてお届け致します!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辰吉丈一郎の最後の賭け…


ボクシング界のカリスマ 浪速のジョーが単身タイで勝負に出る!

5月15日にプロボクシングの“定年”37歳の誕生日を迎える、元WBC世界バンタム級王者の辰吉丈一郎(36)=大阪帝拳=が、練習環境を求めて今月末に単身タイへ渡ることが13日、明らかになった。ジム側から引退勧告を受けている辰吉は2003年9月の試合を最後に3年半の間、復帰を目指してジムワークを続けてきたが、本格的な実戦練習の環境を求めて決断したもの。ベルト奪回への思いをデイリースポーツに激白した。

最近でのボクシング界で話題になるのは亀田兄弟ですが…あのボクシングスタイルや自信満々でマスコミに応対する態度をみると,全盛期の辰吉とダブって見えるのは私だけでしょうか!?その浪速のジョーこと辰吉丈一郎がもうすぐ37歳を迎えるのだが,未だにベルト奪回への思いを持っており,単身でタイへ向かうようです!



カリスマが輝きを取り戻すため、最後の賭けに出る。「オレがオレであり続けるために、日本を出る」。単身タイへ渡ることを決めた辰吉が、熱い思いを口にした。03年9月のノンタイトル戦から3年半、実戦を目指して朝10キロのロードワークと自転車で10キロのジム通いを継続。体重もバンタム級のリミット(53・52キロ)圏内の56キロをキープし続けてきた。
しかし、05年3月にボクシングジム側から引退を勧告され、本格的なスパーリングは禁じられてきた。「自分への焦りはないが、もうこの状態を年齢は許してくれない」と、昨年末から海外へ活路を求める思いを強めてきた。
過去に米ラスベガスなどで試合を行った経験はあるが、今回選んだのは未知の国タイ。かつての宿敵、前WBC世界バンタム級王者、ウィラポンの母国で練習場所もウィラポンが所属するバンコク近郊のジムが濃厚だ。身の回りの世話をしてくれる人もいない環境だが、辰吉は「米国でも『まいど!』『おおきに!』でやってきた。どこでもオレのペースでやるよ」と明るく言い放つ。
出発は今月末を予定しており、滞在期間は未定だ。「向こうにいる間に試合を決めてもらえればすぐ戻ってくる。でも、どうしても日本で試合ができないなら、ラスベガスでもどこでも行く」。世界王者として引退する夢のためだけに-。“浪速のジョー”が勝負手に出る。

辰吉は元WBC世界バンタム級王者とは言え,網膜剥離などの影響もあり,これまでのボクシング人生は決して順風満帆なものではなかったですが…未だにボクシングに対する情熱を持ち続けている姿には感心します!個人的にも彼のボクシングスタイルは好きですし,全盛期のボクシングは厳しいと思いますが,頑張って欲しいですし,何とか世界戦のチャンスを与えてやって欲しいですね!


(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070314-00000018-dal-fight
スポンサーサイト
Copyright © スポーツ情報特急便! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。