高橋尚子 強化指定Cランクに…・野球・サッカー・バレーボール・テニス・バスケットボール・ゴルフ・競馬・スキー・格闘技などの国内・海外のスポーツ情報を独自の見解も交えてお届け致します!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋尚子 強化指定Cランクに…


女子マラソンの高橋尚子 厳しいランク落ち…

日本陸連は12日、都内で開いた理事会で強化指定選手のランク付けを見直し、女子マラソンの高橋尚子(34=ファイテン)がBからCに降格した。ランクはS、A、B、Cの4ランクあり、指定競技会への出場が少ない高橋は最も下のランクへ降格。かつて最高のS指定だった選手がCに降格するのは初めてのことで、五輪金メダリストにとっては寂しく、厳しいランク落ちとなった。
高橋に厳しい現実が突きつけられた。元五輪女王が4ランク中、最低のCに降格してしまった。

昨日,大阪世界陸上のマラソン代表選手の発表という明るい話を聞いたばかりでしたが…一方では,シドニーオリンピック マラソンの金メダリストの高橋尚子が強化指定選手の最低ランクに降格してしまったという実力の世界を見せ付けられる厳しい話が伝えられました…



シドニー五輪優勝の実績により、00年に最高ランクのSとなった。その後は度重なる故障などで陸連指定のレースから遠ざかり、アテネ五輪切符を逃した04年3月にA、同12月はBまで降格した。05年11月の東京国際で復活優勝を遂げたため、昨年3月の理事会ではBにとどまったが、昨年11月の東京国際で3位に敗れ、前日(11日)の名古屋も回避して世界選手権出場も断念。陸連の評価はCまで下がった。
強化指定のランクは実績に応じて分けられるが、現実的には陸連から支給される年間強化費の額が変わるだけだ。強化費はSが300万円、Aが200万円、Bが150万円、Cが60万円で、BからCに下がった高橋は90万円のダウン。個人スポンサーを持つ高橋の競技生活に大きな支障はないものの、元金メダリストのプライドは少なからず傷つくはずだ。
女子マラソンでいえば、Cにはこの日、世界選手権代表(大阪)に選ばれた橋本康子、嶋原清子らがいる。一方、Sには野口みずき、Aに土佐礼子や原裕美子、小崎まりもBにランクされている。高橋にとって満足できるランクではない。
それでも、北京五輪代表切符を争うライバルたちに、ランクでは負けてもレースで負けるわけにはいかない。今月18日には、湘南国際マラソンの10キロの部にゲスト参加することも正式決定した。北京切符獲得を目指す高橋のプライドを捨てた戦いは続く。

ここ最近の高橋尚子の実績からみれば,やむを得ないことであり,厳しい状況となりましたが,Qちゃんの性格上,きっとポジティブに考え方を転換していることでしょう!小出監督から独立してからは,なかなか彼女らしい結果を出すことが出来ずにおりますが…とにかく純粋に走ることが大好きで,ひた向きに頑張る選手です!引退説も報じられた事もありましたが,外野の反応をあまり気にせずに,北京オリンピック出場に照準を合わせて…ベストの調整をしていって欲しいものです!


(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070313-00000016-spn-spo&kz=spo
スポンサーサイト
Copyright © スポーツ情報特急便! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。