夏見円 現役続行へ揺れる胸中告白・野球・サッカー・バレーボール・テニス・バスケットボール・ゴルフ・競馬・スキー・格闘技などの国内・海外のスポーツ情報を独自の見解も交えてお届け致します!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏見円 現役続行へ揺れる胸中告白


引退か?現役か?ノルディックスキー距離・夏見迷う…

ノルディックスキー世界選手権距離女子スプリントで5位入賞を果たした夏見円(28=JR北海道)が5日、現役続行へ揺れる胸中を明かした。この日、札幌市内の同社で会見に臨み、来季以降について「燃え尽きた思いとやり残した気持ちの半分半分」と迷いを見せた。早ければ今季W杯終了後の3月末にも自らの去就について結論を出す見込みだ。

ノルディックスキー距離の世界選手権で5位入賞とすばらしい成績を残した夏見選手ですが…現役と引退の間で迷っているようですね…スポーツ選手の身の引き際には2種類あると思うのですが…果たして,夏美選手はどちらを選択するのか???



28歳の心は揺れに揺れていた。今季の最大目標と公言していた世界選手権を終え、今後の去就が注目される夏見は、報道陣から今の心境を聞かれると「燃え尽きた思いとやり残した気持ちの半分半分です」と正直な気持ちを吐露した。
この日、夏見は後輩の石田とともに午後、所属するJR北海道本社で、坂本眞一会長(67)小池明夫社長(60)らに世界選手権の報告を行った。2月22日の女子スプリントで五輪、世界選手権を通じて日本距離陣歴代最高の5位。坂本会長にねぎらいの言葉をかけられると「自分自身、充実した大会でした。結果をすごく喜んでもらえて良かったです」と、地元開催での重圧から解放されたこともあり、笑顔で話した。
昨年のトリノ五輪団体スプリントで8位入賞後、地元開催となる今季の世界選手権に全精力を注いできた。その大会で5位入賞を果たしたことで一応の区切りがついた。それだけに引退の2文字が頭をよぎっても不思議ではない。すでに選手として脂の乗り切った28歳。10年バンクーバー五輪を迎えるときには31歳になり、世界のトップレベルの実力を維持するにはさらに鍛錬が必要になる。「バンクーバーのことも含めて今後どうするかという点では、3月のW杯で成績を出してそこから考えたい」。引退か続行か-。揺れる気持ちはひとまずしまい込み、今季の残りの大会に全力投球する。

少なからず…夏美選手の気持ちは分かるような気がします…
ノルディックスキー世界選手権での周囲の期待に対する重圧は物凄いプレッシャーだったと思います…しかし,それに応えて日本距離陣歴代最高の5位という成績を残したのですから,達成感はあるでしょう!ただ…夏美選手が目指しているのはまだまだ上のレベルであると思われ,完全燃焼という位置までたどり着いていないと判断しているがゆえに悩んでいるのではないかと思います…最終的には自分で判断することですが…個人的には,もしも完全燃焼したいという気持ちが少しでも残っているのであれば,果敢にチャレンジして納得してから引退という結論を出して欲しいと願っております!



(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070306-00000059-nks-spo
スポンサーサイト
Copyright © スポーツ情報特急便! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。