ヤンキース 乱打戦勝利できず…・野球・サッカー・バレーボール・テニス・バスケットボール・ゴルフ・競馬・スキー・格闘技などの国内・海外のスポーツ情報を独自の見解も交えてお届け致します!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンキース 乱打戦勝利できず…


井川慶 4イニング8失点…

ヤンキース-マリナーズ(4日・ニューヨーク)ヤンキースの松井秀喜は「5番・左翼」で先発、3打数1安打1打点だった。内容は四球、右越え本塁打、四球、一ゴロ、二ゴロで、日米通算2000安打まであと1。打率は2割6分7厘。井川慶投手は先発で、五回途中まで3本塁打を喫するなど9安打8失点。勝敗はつかなかった。試合はマリナーズが15-11で勝った。

ヤンキースの松井は日米通算2000本安打にホームランで王手となり名球会入り目前ですね!一方…井川は先日のリリーフで見事なピッチングをみせてくれて,先発に戻りましたが,今回は打たれてしまいました…



井川は今季最短の4回で、最多の8失点を喫した。
最速151キロの速球が走り、チェンジアップで空振りも取った。だが勝負どころの制球が甘く「走者をためての一発が良くなかった。向こうにとって効率のいい攻撃になってしまった」。トーリ監督も「球自体はいい。とにかく問題は制球」と振り返った。
会心の投球を見せる力がありながら、悪い日は打ち込まれる。「調整は手探り。思い切って日本の方法に戻すことをやってもいいかなと思っている」と話した。

井川の実力は,決して松坂に引けをとらない球を持っておりますから,何ともはがゆいですね…確かに,日本プロ野球での阪神時代も波はありましたが,こんなレベルではないですからね…トーリ監督も実力は認めてくれているようですから,何とか期待にこたえて欲しいものです!松坂と同様にメジャーリーグでのボールやストライクゾーンなどのメジャーリーグ全体の環境に未だ完璧に慣れきれていないところはあるかもしれませんね…次の登板に期待したいです!


(引用:iza
スポンサーサイト
Copyright © スポーツ情報特急便! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。