中村俊輔の黄金の左足炸裂でV2・野球・サッカー・バレーボール・テニス・バスケットボール・ゴルフ・競馬・スキー・格闘技などの国内・海外のスポーツ情報を独自の見解も交えてお届け致します!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村俊輔の黄金の左足炸裂でV2


ロスタイムでファンタジスタのビューティフルフリーキック!

日本のファンタジスタが劇的V弾だぁーッ! スコットランドプレミアリーグ・セルティックの日本代表MF中村俊輔(28)が22日、キルマーノック戦(アウエー)の後半ロスタイムにFKで決勝点をマーク、2−1勝利。セルティックは勝ち点を81として、2季連続41度目の優勝を決めた。

日本サッカー界のファンタジスタ!中村俊輔が決めてくれましたね!ドローかと思ったロスタイムにシナリオがあったかのような好位置でのファールでのフリーキック…自ら導いた最後のワンチャンスを確実に低い弾道でカーブを描きゴールに吸い込ませましたからね!素晴らしいゴールで感動しました!!



わずか3分のロスタイム。しかし日本のファンタジスタには十分な時間だった。ゴール右約20メートルのFK。黄金の左足から放たれたボールは相手DFの壁5枚を越え、ゴール左側へ吸い込まれた。1分後に試合終了のホイッスル。敵地ラグビーパークのゴール裏から、誇らしげに「チャーンピオーンズッ!」の声が響き、曇天を舞うカモメの鳴き声を打ち消した。
「今週決めたかったので、よかった。FKは2回蹴れば1回は枠にいく自信はある」と満面の笑みを浮かべた。
決勝FK後、自ら脱いだユニホームを右手で振り回しながら、ファンの待つスタンド前に走り寄りイエローカード。スコットランドでは遅延行為とされる行動を思わず取ってしまうほど、今季リーグ戦9得点目に興奮していた。前半24分には右CKで先制アシスト。試合後のセレモニーで「シュンスケ・ナカムラ」と紹介されると大歓声が沸いた。満面の笑みで全員で手をつないで歓喜のヘッドスライディングまで披露。クラブ41度目のリーグ優勝は格別だった。
指揮官との厚い信頼関係が生んだ勝利だった。昨季就任したストラカン監督がまず希望したのが俊輔獲得。05年にドイツで行われたコンフェデ杯を見て、一発で気に入ったことが理由だった。ある時、俊輔は同監督のマンチェスターUでの現役時代のDVDを入手。「自分と似てる」とビックリしたという。今季リーグ全34試合で先発したのは俊輔ただ1人。ファンタジスタとして通じ合う2人だからこそ実現した2連覇だった。
02年の日韓W杯落選後に渡ったイタリアでは残留争いに苦しみながら、ドイツW杯での夢舞台初出場につなげた。今は、勝って当然の環境。3月6日の欧州CL・ACミラン戦に敗れてから、国内3試合で勝てない“産みの苦しみ”。それだけで地元紙は指揮官の采配に疑問を投げかける。180度異なるプレッシャーの中で、自らを磨いてきた。
中学時代、日産FC(現・横浜M)ジュニアユースからユースに華奢な体を理由に昇格できなかった男が悔しさをバネに磨いたテクニックは、欧州CL・マンチェスターU戦でのFK弾など世界を魅了する努力の結晶として花開いた。日本人初の欧州主要リーグ2連覇。努力の天才の偉業は日本、欧州のサッカー史にさん然と輝く。

中村俊輔はあまり感情を表に出さない方ですが…今回ばかりは,フリーキックを決めた後にユニフォームを脱ぎ,サポーターの居るスタンドに飛び込んでいきましたから,本人にとっても今までには味わったことの無い感動があったのでしょうね!セルティックでは唯一の全試合先発選手!年間MVPにも輝きましたが,当然の結果でしょう!今シーズンは得意のフリーキックだけではなく,攻撃の流れの中からのゴールも決めて,ハットトリックもありましたし,また,ボディアタックにも強くなり,進化しましたしね!まだ先の話で,セルティックにとっては必要不可欠の存在になってしまいましたが…彼にはもっと強豪リーグで,世界のファンタジスタに成長することを期待したいです!


(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070423-00000016-sanspo-spo&kz=spo
スポンサーサイト
Copyright © スポーツ情報特急便! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。