サッカーの神様ペレが語る…・野球・サッカー・バレーボール・テニス・バスケットボール・ゴルフ・競馬・スキー・格闘技などの国内・海外のスポーツ情報を独自の見解も交えてお届け致します!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカーの神様ペレが語る…


クリスティアーノ・ロナウドは未だ超一流とは呼べない…

世界の超一流と呼ぶにはまだ早い──。サッカー界の神様ペレ氏が、マンチェスターU(イングランド)の若きスター、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて、あと2年は最高のプレーを見せなければ超一流とは呼べないなどと、持論を展開した。ロイター通信が伝えている。

サッカーのワールドカップでポルトガル代表としての活躍に加え,今開催されているヨーロッパチャンピオンズリーグでもイングランドのマンチェスターユナイテッドを準決勝に導いたといっても過言ではない,世界からも注目を浴びているクリスティアーノ・ロナウドですが…サッカーの神様ペレは彼のことを冷静な目で見ているようです!



同通信のインタビューに応じたペレ氏は、今季マンUで好調を維持するポルトガル代表FWについて、すばらしいサッカー選手のひとりと評価しながらも、超一流と呼ぶのは早いと指摘。「ロナウジーニョは4、5年前からすばらしいプレーを見せていた。C・ロナウドに関しても、今の状態をキープできるかどうか、もう1、2年は様子を見ようじゃないか」と述べた。マンUのアレックス・ファーガソン監督は最近、C・ロナウドの才能は、同氏や元アルゼンチン代表ディエゴ・マラドーナに匹敵するとコメントしていた。
また、母国ブラジルが2014年W杯の開催地になることがほぼ決定的だが、ペレはその準備が遅れることへの懸念を示した。「ブラジルでの開催に向けた準備が順調に進むことを願っているが、かかる費用は非常に高額なものになる。32カ国が参加するわけで、そう簡単なことではない」と話した。
さらにレアル・マドリード(スペイン)の元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカムがロサンゼルス・ギャラクシー(アメリカ)への移籍を決めたことには好意的な姿勢を示す。自身も1970年代に米国でプレーしたペレ氏は「米国にとっては最高のPRになる。自分やベッケンバウアーのように米国のサッカー界の地位を高めることができるだろう」とした。

長年の間華麗なプレーをサッカーファンに魅せてきた神様ペレならではのコメントですね!確かに…クリスティアーノ・ロナウドは今22歳で若く,発展途上の選手であるとは思いますし,彼のスピードとテクニックはこれから更に進化していくことでしょう!プレーヤーやファンにとってクリスティアーノ・ロナウドはトップレベルとして認められていることは確かであり,更に技術やメンタル面を強化し,ペレに認められるトッププレーヤーになることを期待したいですね!


(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070420-00000050-ism-spo
スポンサーサイト
Copyright © スポーツ情報特急便! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。