松坂 好投ながらも2敗目…・野球・サッカー・バレーボール・テニス・バスケットボール・ゴルフ・競馬・スキー・格闘技などの国内・海外のスポーツ情報を独自の見解も交えてお届け致します!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松坂 好投ながらも2敗目…


信じられなかった4回の乱調…

米メジャーリーグ、レッドソックス・松坂大輔投手(26)は17日(日本時間18日)、ブルージェイズ戦に先発、6回を3安打3四球2失点で、毎回の10三振を奪ったが、敗戦投手となり2連敗となった。今季1勝2敗。松坂は1-0の四回に1アウト1,2塁から適時打で同点とされた後、2連続四球を与え、押し出しで勝ち越しを許した。

メジャーリーグで3試合目の登板だった松坂でしたが…6イニングを3安打3四球2失点の10奪三振とトータル的には好投と言ってよかったものの,味方の打線援護が振るわず,2連敗となってしまいましたね…



魔の四回だった。1点のリードで快投を続けていた松坂が突如、崩れた。主砲・ウェルズを打ち取った当たりが、不運な三塁内野安打となったのがきっかけだった。
「相手の4番打者を意識しすぎてコントロールを乱してしまった」。MVP2度獲得のブ軍の看板打者、フランク・トーマスを過剰意識。ストレートの四球を与えると、遊ゴロ併殺に仕留めたと思ったオーバーベイの打球が、中堅に抜ける同点打となってしまった。
「注文通りのショートゴロだったけど、走者と重なったのが見えました」。不運な当たりが、動揺に輪をかける。ヒルへの四球でなおも満塁。ベンチからファレル投手コーチが飛び出して、落ち着かせようとしたが、一度狂った歯車は戻らない。続くゾーンに押し出し四球を与え、逆転を許した。
六回を投げ終えた松坂は、人さし指を立て「もう1回投げさせてください」と志願。だが、その願いもかなわず、105球で降板した。チームは、天敵のブ軍先発・チャシンに6連敗で、連勝も「3」でストップ。松坂にとっては手痛い2敗目となった。

今日の松坂は出足も好調でしたが,やはり…4回の内野安打からリズムが急に狂ってしまいましたね…怪物とは言え松坂も人間…少し焦りが出てしまったのでしょう…しかし,そこからは流石は怪物松坂!逆転はされたものの最小失点で抑え,交代するまではきっちり抑えましたからね!10奪三振も見事でしたし,ネガティブにならなくてもいいと思います!前試合も今日も好投でありながらも敗戦となり,運も味方してくれず,松坂にとっては可愛そうですが…これが野球…未だ始まったばかりですし!気持ちを切り替えて次の試合に臨んで欲しいものです!


(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070418-00000021-dal-spo&kz=spo
スポンサーサイト
Copyright © スポーツ情報特急便! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。